アメリカ本土より上陸!!
防災シェルターの取り扱いはじめました

ANCAR SHELTER

ニュース番組で紹介されました

吉山和實プロフィール

私は1981年21歳の時に知人ゼロ、英語もしゃべれず、初めて飛行機に乗り単身ロサンゼルスに渡りました。住環境の美しさ、豊かさに心の底より感動し、カーペンターとなり米国の建築ライセンスを取得し、高級住宅を建設する会社をロスで設立し事業を拡大していきました。

1994年から米国より日本へ住宅輸出をする事業を展開し、1995年の阪神淡路大震災後、淡路島にアメリカンビレッジ(30戸)をトータルプロデュースし、NHKのニュースにも紹介されました。その後23年間、一倉定先生直伝「美しくなければ、家ではない」、ピータードラッカー先生直伝「世界標準の住環境創造」二つ理念のもと日本全国で 美しい、世界標準の住宅を建設してまいりました。

今年、5月に日本で核シェルター13基の受注をとりロスのシェルターメーカーに発注に行き、TBSの取材を受けニュース23にも紹介されました。1950年から67年間米軍のアドバイスのもと核シェルターを供給してきたロスとテキサスのシェルターメーカーと提携し世界トップのクオリティを日本に供給していきます。
昨今の世界情勢や国内における度重なる震災などを経験して防災シェルターを検討されている方も多いのではないでしょうか。

アメリカからの輸入住宅販売を日本で20年以上展開しているアンカーハウジング株式会社(1995年の阪神淡路大震災後、震源地淡路島にアメリカンビレッジ(30戸)をトータルプロデュースした実績)が、アメリカ軍のアドバイスのもと1950年より製造を開始し世界50カ国以上に輸出の経験があるアメリカのメーカーから防災シェルターの直接輸入を始めました。

20年以上アメリカからの輸入実績があるアンカーハウジングだからこそスムーズに防災シェルターの輸入が可能です!!
メーカーから工事店または現場まで、防災シェルターの供給はアンカーハウジングが責任を持って行いますので、面倒な手間は一切かかりません。

起こらないと言われていた場所で大地震が何度も起きていることから「起きる」「起きない」ということは誰にも予想はできません。
「備えあれば憂い無し」
いつか起こり得るかもしれない事態の対策として防災シェルターを検討してみてはいかがでしょうか。

防災シェルターはこんな時に役立ちます!

防災シェルターのイメージ

製品紹介

A

アンカーシェルター
スタンダード

D2438mm×W3048mm×H4400mm(3-4ベッド)
ベット&ソファー、空気清浄機(アメリカ製)
(ソーラーバッテリー、テレビモニター、給水タンク、非常用トイレは含まれておりません)

B

アンカーシェルター
デラックス

D2438mm×W3658mm×H4400mm(3-4ベッド)
ベット&ソファー、空気清浄機(アメリカ製)
(ソーラーバッテリー、テレビモニター、給水タンク、非常用トイレは含まれておりません)

C

アンカーシェルター
スーパーデラックス

D3048mm×W9449mm×H3048mm(4-6ベッド)
ベット&ソファー、空気清浄機(アメリカ製)
(ソーラーバッテリー、テレビモニター、給水タンク、非常用トイレは含まれておりません)

防災シェルターはこんな時に役立ちます!

お問い合わせについて

お問い合わせをご希望の方はこちらからお問い合わせください

  • ・なお現在問い合わせが殺到しているため、お電話でお問い合わせはご遠慮させていただいております。予めご了承頂けますようお願い申し上げます。
  • ・法人の方は法人名と担当者名をお名前欄に記入してください。また、備考にお問合せ詳細を記入してください。

特約店募集

アンカーハウジング株式会社ではアンカーシェルターの販売特約店を募集中です。
より良いパートナーシップをつくる事ができる方のご連絡をお待ちしております。

法人の方は法人名と担当者名をお名前欄に記入してください。

お問い合わせはこちら

出品されている商品がありません。